聖人の生や天行す、虚無恬淡にして、乃ち天徳に合す(荘子 - 外篇[刻意][2.1])

関連項目

聖人
人格高潔で生き方において人々を感化させ模範となるような人物。過去の偉大な統治者、先人を指すこともある。学問において自ら…
道徳
道徳とは自然発生的に体得せし状態をいう。体得せし状態とは、その個人もしくは社会や共同体において善しとする規範や倫理観な…
虚無恬淡
澹然としてこだわること無く、無為自然にして超脱している様。恬淡虚無に同じ。荘子の刻意篇に登場する。聖人の虚無恬淡にして…
<<  前のページ  |   ランダム   |  次のページ  >>



Page Top