庖丁の言(荘子 - 内篇[養生主][2])

関連項目

肯綮に当たる
物事の急所、本質をずばりと突くこと。大切な所をおさえていること。「当たる」は本来は「中る」と書く。肯綮は骨肉結合の所で…
<<  前のページ  |   ランダム   |  次のページ  >>



Page Top