覚夢を論ず(列子 - 周穆王[6])

関連項目

蕉鹿の夢
得失の儚いことを例えた言葉。また、失ったものに執着しないことの例え。出典は列子の周穆王篇。倒した鹿を人に見つからないよ…
<<  前のページ  |   ランダム   |  次のページ  >>



Page Top