このエントリーをはてなブックマークに追加

語彙

語彙辞典では日常で出会った様々な語句を集めています。
古典関係からの派生も数多くありますので、なかなか出会わない言葉もあります。
古典や思想関係の言葉は一般的な意味とは多少異なる捉えかたをしている場合もあります。

記事別アクセスランキング

  • 2019年08月14日~2019年08月20日の期間
01.ゆるす、おもいやる、はかる。恕とは如の心、即ち、一切を包容して進…
02.礼。節操。分限。人の根幹であり、自らの心より発する自発的規範。部…
03.誠とは言を成すと書くが如く、真実で嘘・偽りのない姿をいう。真実と…
04.掣肘人の肘をおさえて引っ張ること。即ち、干渉して相手の自由な行動を妨…
05.矍鑠年老いても身心ともに元気で丈夫な様。矍には「素早く反応する」の意…
06.慧春尼華綾慧春かりょうえしゅん。南北朝時代の曹洞宗の尼僧。生年は不詳、…
07.張横渠北宋の儒家。1020-1077年。本名は張載で字は子厚、横渠は号である。…
08.重職心得箇条佐藤一斎が郷里である岩村藩の重役たちのために起草したもの。重職に…
09.做すする、行うの意。見做す、看做すと使う。做の正字は「作」であり、做…
10.孝とは父母を敬愛し子としての道を尽すこと。ただし、父母に順じるこ…
11.項羽漢の高祖・劉邦と覇権を争った楚の武将。紀元前232-202年。赴くとこ…
12.韓愈中国の唐を代表する文人。768-824年。韓退之とも呼ばれる。唐宋八大…
13.至らざる所無し何をするかわからない。「至るざる」は、到達しない、ゆきつかないの…
14.所謂世間一般に言うところの。俗に言う。胃は丸い胃袋の中に点々として食…
15.「體」は体の旧字で、骨+豊。「骨」は上部の骨格を示す象形文字に肉…
16.しょうがない一般的にいわれるのは“仕様がない”が元で、この“しようがない”が“し…
17.絶対、即ち、自らが自らによって生きる。唯我独尊、互尊独尊などで用…
18.敬とは進歩向上の心であり、より高きもの、大いなるもの、偉大なるも…
19.尚友古人を友とすること。ここにおける古人とは人格の陶冶を成し遂げた聖…
20.人間修養自らを高め目標に近づけること。ここにおける目標とは肩書きなどでは…

Page Top