このエントリーをはてなブックマークに追加

語彙

語彙辞典では日常で出会った様々な語句を集めています。
古典関係からの派生も数多くありますので、なかなか出会わない言葉もあります。
古典や思想関係の言葉は一般的な意味とは多少異なる捉えかたをしている場合もあります。

記事別アクセスランキング

  • 2019年04月16日~2019年04月22日の期間
01.ゆるす、おもいやる、はかる。恕とは如の心、即ち、一切を包容して進…
02.礼。節操。分限。人の根幹であり、自らの心より発する自発的規範。部…
03.掣肘人の肘をおさえて引っ張ること。即ち、干渉して相手の自由な行動を妨…
04.誠とは言を成すと書くが如く、真実で嘘・偽りのない姿をいう。真実と…
05.胆識胆識とは決断力、実行力を有した見識のこと。それは自身の信念に基づ…
06.矍鑠年老いても身心ともに元気で丈夫な様。矍には「素早く反応する」の意…
07.雌伏人の下に従がうこと。また、世を退いて隠れること。雌鳥がおとなしく…
08.所謂世間一般に言うところの。俗に言う。胃は丸い胃袋の中に点々として食…
09.至らざる所無し何をするかわからない。「至るざる」は、到達しない、ゆきつかないの…
10.司馬法武経七書のひとつで司馬穰苴による作とされる。当初は百五十五篇あっ…
11.慧春尼華綾慧春かりょうえしゅん。南北朝時代の曹洞宗の尼僧。生年は不詳、…
12.見識見識とはその人格、体験、もしくはそこから得た悟りなどによって発せ…
13.做すする、行うの意。見做す、看做すと使う。做の正字は「作」であり、做…
14.「にょ」「ごとし」とも読む。口は領域であり、国の口と同じ。女の領…
15.易経四書五経のひとつ。周代の占いの書とされ「周易」ともいう。中国思想…
16.四端の心四端の心とは孟子が説いた「性善説」の根本思想。仁義礼智という四つ…
17.守破離武道における教え。守正は師より学ぶ根幹となるもので、師の教えを自…
18.小河立所江戸時代前期の儒者。1649-1696年。名は成章、字は伯達、立所は号で…
19.項羽漢の高祖・劉邦と覇権を争った楚の武将。紀元前232-202年。赴くとこ…
20.私淑私ひそかに淑よくする。直接に教えを受けるのではなく、ひそかに師と…

Page Top