このエントリーをはてなブックマークに追加

閑話集

閑話集は古典の解説や雑記及び忘備録です。
日常の中で思ったことや古典などの調べ物をしていて考えたこと、ちょっとしたメモ的なものを掲載しています。
管理人の個人的な見解が多くありますのでご注意ください。

記事別アクセスランキング

  • 2019年11月12日~2019年11月18日の期間
01.聖人と鬼神聖人が人々を導く、導くに至らざれば鬼神より天罰が降る。聖人は道に…
02.真の和感じるとは魂の共鳴である。これを和という。そこには必ず、各々の信…
03.人生における楽しみ人生において楽しみとは何だろうか。よく夢だとか目標だとかいうけれ…
04.ただ一所に処す人はその思想、信念で本当に変わりうる。その人がみていた世界は本当…
05.馬鹿につける薬はない権力に溺れる趙高ちょうこうは愚かである。飾り者に過ぎず、享楽に耽…
06.天命の定まる所以天命定まらず、禍乱を為す者は人なり。天はその上に在る者を視て、そ…
07.感激性の大事人が感じるとき、そこには感激性が生じる。感激性を生じさせるのは魂…
08.敬うの真実長者を敬うということを、単に長者の言うことに従うというように解し…
09.無中に有を生ずる工夫一以てこれを貫く。論語の言葉であるが、これに通ずるものであろう。…
10.怒りが生み出すもの怒ったら従ってくれたとする。従ってくれたのはなぜかといえば、その…
11.書遍歴と人を導くもの思えば自分の読書は古典漫画から始まった。幼い頃、特に何をしたとい…
12.学問とはあなたにとって学問とは何だろうか。学校の勉強を一生懸命することだ…
13.自己意志と信仰と己自身の心と無ヒルティは自己の意志を棄てない信仰は何等の価値がないという。自己…
14.濁は濁にして濁ならず深く蔵して虚の如く、容貌は愚の如し。些事には拙にして真の部分にお…
15.漠然として思うこと誰にだって、それまでの人生で培った、本当に自分が思っている部分っ…

Page Top