このエントリーをはてなブックマークに追加

閑話集

閑話集は古典の解説や雑記及び忘備録です。
日常の中で思ったことや古典などの調べ物をしていて考えたこと、ちょっとしたメモ的なものを掲載しています。
管理人の個人的な見解が多くありますのでご注意ください。

記事別アクセスランキング

  • 2017年03月21日~2017年03月27日の期間
01.馬鹿につける薬はない権力に溺れる趙高ちょうこうは愚かである。飾り者に過ぎず、享楽に耽…
02.信じぬくべきこと自分の思想・信念・理想と違わなければいい。他のことはどうだってい…
03.事に臨むに三つの難きあり人はなかなか真をみることができない。目先に捉われ、周りをみること…
04.学問とはあなたにとって学問とは何だろうか。学校の勉強を一生懸命することだ…
05.敬うの真実長者を敬うということを、単に長者の言うことに従うというように解し…
06.語るに足る者、図るに足る者語を伝えるを喜ぶ者は浅陋せんろうである。表面ばかりでいたずらに自…
07.人を容れる所以と己を修める所以「躁」はあわただしい、さわがしい。才智英敏の者は、何でも分かって…
08.門出人が何か信ずべきもの、成し遂げるべきものをやるとき、己をなくして…
09.往くべき場所現世への自らの想いと決別して、その心の欲する義へと逝く。妻子への…
10.我執を離れる我執を離れるというのは自分に捉われないということではない。自分に…
11.善く運命に従う者運ばれてくるのか運んでくるのか。運命を他に任せるのか、自ら動かし…
12.いつわらざる心いつわらざる心を素直に表現する自分がいる。ほんの一年前の自分なら…
13.真の悦びは天下万民これを感ず蕃山曰く、慶は善なり、福なり。善ありて福を得る、是れ真の悦びなり…
14.愛すべきものマザー・テレサは語る。愛は近きより、ということを忘れないようにし…
15.本当の覇気本当の覇気というものは、真実の存在に触れ得たときに、撥乱する魂の…
16.天すら違わずその心を尽くしてその性を知り、これを養いて命を立つ。人の性は至善…
17.一生で輝くもの僕より高い志を持っている者はいない。なぜなら、僕の抱いた理想とい…
18.ふと思い出すもの人はふと思い出すことがある。何か物事にあたって処しているとき、特…
19.全ての源金や名誉など人に何の価値ももたらさない。お金は物質的生活を豊かに…

Page Top