このエントリーをはてなブックマークに追加

閑話集

閑話集は古典の解説や雑記及び忘備録です。
日常の中で思ったことや古典などの調べ物をしていて考えたこと、ちょっとしたメモ的なものを掲載しています。
管理人の個人的な見解が多くありますのでご注意ください。

記事別アクセスランキング

  • 2018年11月08日~2018年11月14日の期間
01.馬鹿につける薬はない権力に溺れる趙高ちょうこうは愚かである。飾り者に過ぎず、享楽に耽…
02.ただ一所に処す人はその思想、信念で本当に変わりうる。その人がみていた世界は本当…
03.知識技芸と学問大学に曰く、小人閑居して不善を為す、至らざるところなし、と。伸吟…
04.無中に有を生ずる工夫一以てこれを貫く。論語の言葉であるが、これに通ずるものであろう。…
05.信じぬくべきこと自分の思想・信念・理想と違わなければいい。他のことはどうだってい…
06.罪有るを失せざる者「遠きを能くす」は罪を生じさせぬように礼節を知らしめることをいい…
07.悩みの効用人は悩むのがいい。悩んで悩んで本当に悩むのがいい。孤独というのが…
08.人生の情景人生そのものが面白い。何ともいい難い面白さ。この感覚というのは、…
09.富みて金銭を用いる者才人は才能の有る者。政治を担うには才が要る故に、才人を述べる。た…
10.黙養人を判断するにはその発するところをみろという。答えるところにでは…
11.自己驚嘆の一服の良薬“自己驚嘆の一服の良薬”、これが重要なことである。人は自己の偉大さ…
12.父母の役割と尽力すべきところ父母の役割は父が敬、母が愛。母の愛は慈悲の至極、その功大にして敬…
13.東洋的民主主義上古は自然なる民主主義といえようか。上古の禅譲は上に立つに相応し…
14.道無くば礼を満たすを恥ず礼を満たすを恥じる所以は何ぞや。曰く、国に道有りて貧しきは恥なり…
15.書遍歴と人を導くもの思えば自分の読書は古典漫画から始まった。幼い頃、特に何をしたとい…
16.慕うということ慕うというのはいい言葉だ。ただ好きなのとは違う。その対象を敬し、…
17.人生における楽しみ人生において楽しみとは何だろうか。よく夢だとか目標だとかいうけれ…
18.百丈野狐機である。五百生という年月がその足らざるを悟らせるに至った。不昧…
19.自己意志と信仰と己自身の心と無ヒルティは自己の意志を棄てない信仰は何等の価値がないという。自己…
20.願うべきこと一心に願え。自己の成長をひたすら願え。ひたすら願って邁進すれば自…

Page Top