このエントリーをはてなブックマークに追加

古典の名言

中国の偉人・書籍にある名言

  • 総ヒット78
  • 21 - 40件表示
  • 全て表示
  • 最終更新日でソート(降順)
朱子
万事成らざれば、須らく吾が志を責むべし。
酔古堂剣掃
よく富貴を軽んじて、一の富貴を軽んずるの心を軽んずる能はず、よく…
酔古堂剣掃
心上を過ぎ去らざるの事をなすこと莫れ。事上を行ひ去らざるの心をき…
諸葛亮
我が心、秤の如し。人の為に低昂する能はず。
酔古堂剣掃
白沙、泥に在れば之と共に黒し、漸染の習ひ久しければなり。他山の石…
酔古堂剣掃
何を以てか下達する、ただ非を飾るにあり。何を以てか上達する、過ち…
中庸
誠なる者は、天の道なり、之を誠にする者は、人の道なり。誠なる者は…
酔古堂剣掃
有尽の身躯を看破すれば、萬境の塵縁自ずから息む。無懐の境界に悟入…
酔古堂剣掃
人を待って有余不尽の恩を留めば、以て厭く無きの人心を継繋す可し。…
酔古堂剣掃
宇宙内の事は、力めて担当するを要す、又た善く擺脱するを要す。担当…
酔古堂剣掃
才智英敏の者は、宜しく学問を以て其の躁を摂むべし。気節激昂の者は…
酔古堂剣掃
君子は命を言はず、性を養ふは即ち命を立つる所以なり。亦た天を言は…
酔古堂剣掃
百折回へらざるの真心ありて、わずかに萬変窮まらざるの妙用あり。
酔古堂剣掃
言語を少なくして以て貴に当て、著述を多くして以て富に当て、清名を…
酔古堂剣掃
身世の浮名は、我れ夢蝶を以て之を視、断じて肉眼に受けて相ひ看ず。
孟子
自ら反りみて縮くんば、千万人と雖も、吾れ往かん。
酔古堂剣掃
憂勤は是れ美徳なり。甚だ苦なれば、則ち以て性を適し情を喜ばす無し…
酔古堂剣掃
人の詐を覚りて言にあらはさず、人の侮りを受けて色を動かさず。此の…
酔古堂剣掃
礼義廉恥は以て己れを律すべく、以て人を正すべからず。己を律すれば…
酔古堂剣掃
一心以て万友に交はるべく、二心以て一友に交はるべからず。

<<1234>>

 

Page Top