このエントリーをはてなブックマークに追加

古典の名言

日本の偉人・書籍にある名言

  • 総ヒット130
  • 81 - 100件表示
  • 全て表示
  • 最終更新日でソート(降順)
徳川家康
一方を聞きて沙汰に及ぶ時は、格別の相違あるものなり。
天野信景
学者、文字を解せば其の書の大意をよく看て解すべき事肝要なり。詮な…
天野信景
教をなし事を行ふは必ず時あり、必ず処あり、必ず位あり。みだりにな…
徳川家康
士たる者、常の者に変る所一つあり。恥じなき所を恥ずること、眼目の…
徳川家康
五字にていわば、うえを見な。七字にていわば、身のほどを知れ。
夢窓国師
本を得ば、末を憂ふることなかれ。
夏目漱石
自ら得意になるなかれ、自ら棄つるなかれ、黙々として牛の如くせよ。…
北条氏綱
慎むべし。勝つて冑の緒を締よといふ古語、忘れ給ふべからず。
北条氏綱
万事倹約を守るべし。花麗を好む時は下民を貪らざれば出る所なし。
北条氏綱
侍は矯らず諂らはず、其の身の分限を守るをよしとす。
北条氏綱
すべて人に捨りたる者はこれなく、用ひ様にて重宝になること多ければ…
北条氏綱
大将によらず、諸将までも義を専らに守るべし。天運尽き果て滅亡を致…
伊達政宗
仁に過ぐれば弱くなる、義に過ぐれば固くなる、礼に過ぐれば諂となる…
葉隠
武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり。二つ一つの場にて、早く死方に…
徳川家康
器物は何ほどの名物にても、肝要のとき用に立たず。宝の中の宝といふ…
二宮尊徳
世の人、生きて居る時は人にして、死して仏と成ると思ふは違へり。生…
二宮尊徳
心の田畑さえ開墾ができれば、世間の荒地を開くこと難からず。
二宮尊徳
世上一般、貧富苦楽をいひ、さわげども世上は大海の如くなれば、是非…
二宮尊徳
大事をなさんと欲せば、小さなる事を、怠らず勤むべし。小積もりて大…
徳川家康
人はただ身の程を知れ草の葉の、露も重きは落つるものかな。

<<1234567>>

 

Page Top