このエントリーをはてなブックマークに追加

古典の名言

和歌や漢詩に関する名言

  • 総ヒット61
  • 1 - 20件表示
  • 全て表示
  • 五十音順でソート(降順)
良寛
散る桜、残る桜も、散る桜。
李白
人生意を得れば須らく歓を尽くすべし。
李白
天我が材を生ずる、必ず用有り。
李渉
終日昏々酔夢の間、忽ち春尽くを聞き、強いて山に登る。竹院を過ぎて…
李煜
別るる時は容易に、見ゆる時は難し。流水落花、春去りゆきぬ。
吉田松陰
かくすればかくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂。
吉田松陰
立志は特異を尚ぶ、俗流と与に議し難し。身後の業を思はず、且だ目前…
吉田松陰
男兒死する能はず、只だまさに被を蒙りて眠るべし。世事は夢の如きの…
山中鹿之助
憂き事のなほこの上に積れかし、限りある身の力ためさん。
山田方谷
賊、心中に拠して勢未だ衰えず。天君、令有り、殺して遺こす無かれと…
山岡鉄舟
晴れてよし曇りてもよし富士の山、もとの姿はかはらざりけり。
柳生宗厳
斬りむすぶ太刀の先こそ地獄なれ、たんだ踏みこめ先は極楽。
柳生宗厳
うつすとも水は思はず、うつるとも月は思はず、さる沢の池。
柳生十兵衛
なかなかに人里ちかくなりにけり、あまりに山の奥をたづねて。
本居宣長
敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花。
宮本武蔵
乾坤をそのまま庭とみるならば、我は天地の外にこそ住め。
宮本武蔵
世の中はただ何事も水にして、渡れば替はる言の葉もなし。
宮本武蔵
人に習ひ我と悟りて手を拍つも、みな教内のをしへなりけり。
宮本武蔵
理もわけも尽して後は月明を、知らぬむかしの無一物なり。
壬生忠岑
命にもまさりて惜しくあるものは、見果てぬ夢の覚むるなりけり。

1234>>

 

Page Top